アメリカ直輸入!トイストーリー3の激レアフィギュアセット

成長して大きくなったアンディ。

大学生を迎えるアンディにかまってもらえなくなった
所から始まるシリーズ完結編のトイストーリー3。

アンディはお気に入りのウッディだけを大学の寮に持っていき、
ウッディ以外のおもちゃを屋根裏にしまおうと袋にまとめるが、
お母さんにごみと間違えて捨てられてしまいます。

大きくなったアンディにかまってもらえなくなっていたおもちゃたちは、
自分たちは捨てられたんだと勘違いし、託児所に寄付されるダンボール箱へ入り込みます。

その託児所と言うのがトイストーリー3のお話の舞台、

サニーサイド保育園

 

サニーサード保育園には、

・ピンクの熊のぬいぐるみでイチゴの匂いのする、ロッツォ

・等身大の赤ちゃん人形の、ビッグベビー

・バービーのボーイフレンドの、ケン

・岩石のモンスターの、チャンク

・昆虫人間の、トゥイッチ

・キャタピラの付いたおもちゃ、スパークス

・シンバルを持った猿のおもちゃ、猿

・眼鏡をかけたイモムシの、ブックワーム

・車輪のついた電話機のおもちゃ、チャターフォン

といったおもちゃがいました。

 

サニーサイド保育園の新入りのおもちゃのバズたちに割り当てられたのは、
おもちゃを乱暴に扱う子供たちのいるイモムシ組でした。

その扱いはあまりにもひどいため、バズはロッツォにチョウチョ組へ変えてほしいと頼みに行くが、
実はロッツォは強い人間不信を抱えており、サニーサード保育園をおもちゃの牢獄としている悪いおもちゃだったのです。

 

サニーサイド保育園のそんな事情を知ったウッディは、
仲間を助けるために、一度は出ていったサニーサイド保育園に戻ります。

サニーサイド保育園からあと少しの所で脱出できたウッディたちに待っていたのは
ごみ処分場でした。。。

ごみ処分場から神様の救いで脱出できたウッディたちは、
改めてアンディの所に戻ります。

そして、感動のフィナーレ、あの名シーンが訪れます。
仲間思いのウッディの下した決断は本当に感動しました。

そんなトイストーリー3のサニーサイド保育園のおもちゃたちの
アメリカ直輸入、激レアフィギュアセットの紹介です。

アメリカ直輸入のサニーサイド保育園のフィギュア トイストーリー3 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
↓↓↓応援のクリック(1日1回)よろしくお願いしますヽ(・∀・)メ
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ