チョッパー&ヒルルクの師弟コンビフィギュア通販

Drヒルルク

ヤブ医者…

トニートニー・チョッパー

ヒルルクの弟子。

2人の出会いは、銃で撃たれていたチョッパーを大雪の中で裸になって助けたのがきっかけでした。

 

ヒルルクはチョッパーの治療をし、
名前を与え、心の病を治療します。

 

ヒルルクは大泥棒だった昔にもう治らないと言われた不治の病を患いましたが、
今まで見た事もない美しい桜を見て病気が治り、それから医者になります。
そして、冬島のドラムで桜を咲かすためにずっと研究を続けていました。

 

チョッパーとの出会いが1年たったころ、
ヒルルクは自分の寿命が短い事を知り、突然チョッパーを突き放します。

 

チョッパーはヒルルクの病のことを医者のくれはから聞き、
ヒルルクのために万能薬と噂されるきのこ

アミウダケ

を探しに行きます。

アミウダケを持ち帰ったチョッパーは、
ヒルルクにアミウダケのスープを飲ませます。

 

しかし、実はアミウダケは

口にしたら1時間も生きていられない猛毒のキノコ

だったのです。

 

アミウダケを口にしたヒルルクは、
その足で、くれはに会いに行き、2つのお願いをします。

1つめは、30年かけて完成させた研究結果の桜の塵を使って自分の変わりに桜を咲かせてほしい。

2つ目は、医者になりたいチョッパーに医術を教えてやってほしい。

と。

 

そして、くれはからイッシー20が全員病気で倒れたことを聞き、
医者として治療に向かいます。

それが実はヒルルクをとらえるための罠だったのですが、
自分がだまされたことよりも、病人がいないことに安心しこう言います。

 

おれァてっきり ・・・ 国の一大事かと・・・
何だァ・・・おれがダマされただけか・・・

 

そして次に、

 

人はいつ死ぬと思う・・・?
心臓を銃で打ち抜かれた時・・・違う
不治の病の冒された時・・・ 違う
猛毒のスープを飲んだ時 ・・・違う!!
・・・人に忘れられた時さ・・・!!

 

そう言い残し、チョッパーのキノコで死ぬことを拒否し、
自爆してしまいます。

 

そんな感動するストーリをもつヒルルクと、チョッパーのフィギュアです。
フィギュアは、チョッパー本体とDr.ヒルルクのセットで、専用台座が付属しています。

フィギュアサイズは、

チョッパー:全高 約60mm
Dr.ヒルルク:全高 約170mm

となっています。

何度見ても泣けてしまう、感動ストーリーの師弟フィギュアです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
↓↓↓応援のクリック(1日1回)よろしくお願いしますヽ(・∀・)メ
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ